Visual Studio 2015 + GitLab でバージョン管理(1/4):GitLabでプロジェクトを作成する

Visual Studio 2015で開発しているプロジェクトのバージョン管理に、GitLabを使用する場合のメモ。

結構長くなったので、全4回に分けます。

GitLabでプロジェクトを作成する

  1. ブラウザからGitLabにアクセスし、サインインする。

  2. 開発プロジェクトでグループを作りたいので、まず「+ New Group」ボタンをクリックする。
    GitLab 新規プロジェクト作成01

  3. グループ名、説明、アイコン、アクセスレベルを入力して「Create group」をクリックする。
    GitLab 新規プロジェクト作成02

  4. グループ作成が完了したら、次は「+ New Project」ボタンをクリックする。

    GitLab 新規プロジェクト作成03-1
    グループ作成完了画面からの場合

    GitLab 新規プロジェクト作成03-2
    ダッシュボードからの場合

  5. namespaceには先ほどのグループ名を選択し、プロジェクト名、説明、アクセスレベルを入力し「Create project」をクリックする。
    (Import project from の欄は何も選択しなくてよい)
    GitLab 新規プロジェクト作成04

  6. プロジェクトが作成されたらプロジェクト画面に遷移するので、「HTTP」欄のURLをコピーしておく。
    GitLab 新規プロジェクト作成05

次の記事

第2回 Visual Studioでローカルリポジトリの作成

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です