ウェブサイトを公開したら必ずやること(サイト登録、解析ツールなど)

新しくウェブサイトを公開した時に必ずやることをまとめておく。
不特定多数へ公開するウェブサイトが対象のため、ケースに応じて不要な手順は飛ばすこと。

ウェブサイトを公開したら必ずやること一覧

  1. Search Console プロパティ追加
  2. Google Analytics(アナリティクス) プロパティ追加
    1. Google Tag Manager(タグマネージャ) コンテナ作成
    2. 新しいタグを作成しアナリティクスと関連付ける
    3. タグマネージャをウェブサイトにインストールする
  3. Bing サイト登録

以降に、それぞれの手順を記載する。

Search Console プロパティ追加

Search Consoleイメージ
Google Search Console
https://www.google.com/webmasters/tools/

Googleへのウェブサイト登録およびウェブサイト解析準備のため、Search Consoleに公開したウェブサイトを追加する。

本手順に関しては、以前の記事参照。
Search Consoleの新規登録手順

Google Analytics(アナリティクス) プロパティ追加

Google Analytics
https://www.google.com/analytics/web/

  1. Google アカウントでログインする。

  2. 上部メニューから「アナリティクス設定」をクリックする。
    Googla Analytics上部メニュー「アナリティクス設定」選択

  3. プロパティから「新しいプロパティを作成」を選択。
    Google Analytics「新しいプロパティを作成」を選択

  4. 必要事項を入力して『トラッキングIDを取得』をクリックする。
    Google Analytics「プロパティの設定」

この時点でトラッキングコードをウェブサイトに貼り付けるように言われるのだが、トラッキングIDをコピーしておいてタグマネージャの設定に進む。
トラッキングIDをコピーしておく

Google Tag Manager(タグマネージャ) コンテナ作成

Google Tag Managerホームページキャプチャ

Google Tag Manager
https://www.google.com/intl/ja/tagmanager/

  1. Google アカウントでログインする。

  2. 上部メニューから「管理」をクリックする。
    Google Tag Manager上部メニューから「管理」選択

  3. コンテナから「コンテナを作成」を選択。
    Google Tag Manager「コンテナを作成」

  4. 必要事項を入力して『作成』をクリック。
    Google Tag Manager コンテナの作成画面

  5. コードが表示されるのでコピーして、ウェブサイト全ページの<body>タグの直後に貼り付ける。
    Google Tag Managerのコード

  6. 「コンテナ」メニューを開き「新しいタグを追加」をクリックする。
    Google Tag Manager 「新しいタグを作成」

  7. プロダクトに「Google Analytics」、タグの種類に「ユニバーサル アナリティクス」、トラッキングIDはGoogle Analyticsの設定で取得したトラッキングID、以降はよく分からない場合はデフォルトのままで『続行』をクリックする。
    Google Tag Manager タグの設定(前半)

  8. 配信するタイミングに「すべてのページ」を選択して『タグを作成』をクリックする。
    Google Tag Manager タグの設定(後半)

  9. タグ名は何でもいい。とりあえずデフォルトのまま『保存』。
    Google Tag Manager タグ名の変更

  10. タグが作成されたら右上の『公開』ボタンをクリックする。
    Google Tag Manager 公開

  11. 今すぐ公開』をクリックする。
    Google Tag Manager バージョンの公開

Bing サイト登録

最後に下記URLにて、Bingにサイト登録をする。

Bing – 自分のサイトを Bing に登録する
http://www.bing.com/toolbox/submit-site-url

さいごに

今のところ、新しいウェブサイトを公開する毎にこんな事をやってるけど、随時修正していく予定。

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です