ふとワッシャーの効果が気になったので調べてみた

ワッシャーの効果とは?

引越しをきっかけに家具を新調することとなり、最近、家具の組み立てばかりやってる。

とある家具を組み立てているとき、説明書を見落として、ワッシャーを間に入れずにネジを締めてしまった。

すぐに気付いたので、ネジを外してワッシャーを入れ再度締めたが、ふと「ワッシャーの意味とは?」と思ったので調べてみた。

ワッシャーの意味(効果)

よく見るワッシャーは「平ワッシャー」(平座金)と言うらしい。
冒頭写真の右側のやつ。

こいつの効果は「保護」。

取り付ける母材の陥没や傷の防止、ネジ頭やナットを保護するとのこと。

これはなんとなくイメージしていた通りの効果だった。

ちなみにこの平ワッシャー。
よく見ると表裏ありそうなカタチしてるヤツがいる。

横から見たらこんな感じ↓

平ワッシャーを横から見た図

いつもは何となく、丸まってる方をネジ頭やナット側。角ばってる方を母材に向けて付けていた。

正しい向きとかあるのかな?と調べてみると、結論は「どっちでもいい」らしい。

丸くなってる方が接地面に優しそうなので、より保護したい方を丸い方にすればいいのかな?

それともガッチリ固定するために、接地面が広く取れる方を角ばった方にすればいいのかな?

どうやらそのへんはお好みでいいようだが、個人的には説明書で指示してもらってる方が有難い…。
純正フェチなので、家具メーカーさんの言う正しい方で作りたい…。

ワッシャー亜種?スプリングワッシャーの意味(効果)

ワッシャーにも色々なやつがいる。

この間組み立てた家具には、平ワッシャーのほかに、歪なカタチをしたワッシャーが入っていて、「スプリングワッシャー」と書いてあった。

冒頭写真の左側のやつ。

スプリングってバネのことだよね?
実際、「ばね座金」とも言うらしいし。

バネって何巻きもグルグルしてるイメージだけど、こちはギリ一巻き達してないくらい。
そんなんでスプリングを名乗ってよいのか?
まだ早いんじゃないか?

そう思っていた時期が私にもありました。

平ワッシャーと同じく、普段は説明書通りに特に疑問も持たずに取り付けていたが、改めて効果を調べてみると、
ネジの緩み防止・脱落防止」とのこと。

調べる前までは、「ネジの固着防止」なのかと思っていたけれど、まさかの逆!

スプリング=バネの反発力で、スプリングワッシャーの両側の摩擦力を高めて緩み防止。
ちょっとネジが緩んだとしても、反発力でお互いを押し合って緩み軽減→脱落防止に繋がるらしい。

めちゃくちゃ重要な役割じゃないか!!
最初に考えた人すごい!!!

ちなみに、スプリングワッシャーは上記効果のため、頻繁に付けたり外したりする箇所には向いていない部材だとか。
ふむふむ、勉強になるなぁ。

まとめ

どんなものにもそれぞれ役割がある。世の中ムダなものなんてない。

ワッシャーさん、大事なことに気付かせてくれて、有難うございました。

あ、なんか予備っぽいワッシャーが余ってたから捨てよう(゚∀゚*)ノ ⌒ ゚ ポィ

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のPG・SEを経て、独立。 現在はとある企業のCTOと、変な名前の会社の社長をしてる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください