【TortoiseGit】新規リポジトリの作成とコミットから同期までの手順

Windowsで古くからソース管理していた人なら、馴染みが深いと思われる「Tortoise」シリーズ(通称:亀さん)。

そのGit版パッケージである「Tortoise Git」を使い、リポジトリの作成からコミット、同期まで、一通りの操作(GUIベース)を説明。
(しばらく新規リポジトリを作ってないと忘れるのでメモがてら…)

【ホスト】新規リポジトリの作成

まず、以下の手順で、マスタリポジトリをホストとなるコンピュータに作成する。

  1. エクスプローラで、リポジトリを作成したいフォルダを開き、右クリック→「Git ここにリポジトリを作成」を選択する
    (リポジトリを作成するフォルダ名は「〇〇.git」のようにしておくと、他ツールと連携が取りやすい)
    コンテキストメニュー「Git ここにリポジトリを作成」

  2. 確認メッセージが表示されるので、「Bare を生成(作業ディレクトリーを作りません)」にチェックを入れて、「OK」をクリック
    Tortoise Git リポジトリ作成時の確認メッセージ

  3. 完了メッセージが表示されたら「OK」をクリック
    Tortoise Git リポジトリ作成完了メッセージ(ホスト)

以下のようなファイル、フォルダが作成される。
Tortoise Git リポジトリ作成後のファイル・フォルダ例

【クライアント】ローカルリポジトリの作成

次に、作業用端末(クライアント)にて、ローカルリポジトリ(作業用リポジトリ)を作成する。

  1. ホストと同じく、エクスプローラで空のフォルダを開いて、右クリック→「Git ここにリポジトリを作成」を選択する
    (ローカルリポジトリのフォルダ名は何でも良い)
    コンテキストメニュー「Git ここにリポジトリを作成」

  2. 今度は、「Bare を生成(作業ディレクトリーを作りません)」にチェックを入れずに、「OK」をクリック
    リポジトリ作成時の確認メッセージ Bare生成に未チェック

  3. 完了メッセージが表示されたら「OK」をクリック
    Tortoise Git リポジトリ作成完了メッセージ(クライアント)

以下のようなファイル、フォルダが作成される。
Tortoise Git リポジトリ作成後のファイル・フォルダ例(クライアント)

【クライアント】ローカルでコミット

上記で作成した、ローカルリポジトリに、登録したいファイルをコミットする。

  1. ローカルリポジトリのルートフォルダに、登録したいファイルを作成またはコピーする
    TortoiseGit ローカルリポジトリでのコミット01

  2. 同フォルダで右クリックし、「Git コミット」を選択する
    TortoiseGit ローカルリポジトリでのコミット02

  3. コミットするファイルを選択し、コメントを記入して「コミット」をクリック
    TortoiseGit ローカルリポジトリでのコミット03

  4. 完了メッセージが出たら「閉じる」をクリック
    TortoiseGit ローカルリポジトリでのコミット04

【クライアント】マスタリポジトリと同期

ローカルリポジトリとマスタリポジトリを同期する。

  1. 上記でコミットしたルートフォルダで右クリックし、「Git 同期」を選択する
    TortoiseGit リポジトリの同期01

  2. 同期ウィンドウが表示されたら「管理」ボタンをクリックする
    TortoiseGit リポジトリの同期02

  3. リモート設定にて、「URL」と「プッシュ URL」に、【ホスト】に作成したリポジトリのパスを入力し、「新規に追加/保存」をクリックしてから「OK」をクリックする
    TortoiseGit リポジトリの同期03

  4. 同期ウィンドウの「リモート」欄に、作成したリモート先が表示されるので、「プッシュ」をクリック
    TortoiseGit リポジトリの同期04

  5. 確認メッセージが表示されるので「はい」をクリック
    TortoiseGit リポジトリの同期05

  6. 下記のように成功メッセージが表示されたら同期完了
    TortoiseGit リポジトリの同期06

【クライアント】マスタから取得

マスタリポジトリにファイルが登録できたら、クライアントにプルしてみる。

  1. 空のフォルダで右クリックし、「Git クローン(複製)」を選択
    Tortoise Git マスタからの複製01

  2. URL欄の「参照」ボタンをクリック
    Tortoise Git マスタからの複製02

  3. ホストで作成した、リポジトリフォルダを指定して「フォルダーの選択」をクリック
    Tortoise Git マスタからの複製03

  4. URL欄を入力すると、ディレクトリ欄も自動で変更されるので、問題なければ「OK」をクリック
    Tortoise Git マスタからの複製04

  5. 成功メッセージが出たら「閉じる」をクリック
    Tortoise Git マスタからの複製05

これで、クライアントマシンに、ホストからソースがダウンロードされ、複製されたローカルリポジトリが作成される。
Tortoise Git マスタからの複製06

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。
ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。
ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です