【Windows】SourceTreeの実行場所

SourceTreeの実行場所

GitクライアントはTortoiseGit派だったんだけど、ブランチ切替の容易さから、SourceTreeも併用することにした。

インストーラをダウンロードして、インストールを始めたけど、認証したアカウントを間違えたので一旦インストールをキャンセル。

その後、もう一度インストーラを起動すると…

インストールを途中でキャンセルしたのにインストールされている

SourceTreeインストーラ

インストールウィザードでは、アカウントの認証までしか進めていなかったのに、再度インストーラを起動すると…

インストーラを起動するとSourceTreeが起動する

なんかもう普通に立ち上がる。

実は、上記状態になる前に、「Mercurial」がなんちゃらかんちゃらっていう確認が出たり、謎のエラーが1回だけ出たりとあったのだが、「Mercurialを使用しない」を選択して進めたら二度と出てこなくなった。

その後、「プログラムと機能」画面からアンインストールしても、二度とインストールウィザードは出なくなってしまった…。

せめてデスクトップにショートカットを

よく分からんがインストールはされているっぽい。

でもデスクトップにショートカットもなく、スタートメニューに並んでもいない状態。

毎回インストーラを起動するわけにもいかないので、実行場所を調べることに。

SourceTreeの実行場所(Windows)

デフォルトだと以下に配置される。

C:\Users\[ユーザ名]\AppData\Local\SourceTree\app-X.X.X

ひとまず、ここからショートカットだけ作成して、インストーラは消した。

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください