WordPressサイトを常時SSL化した時の修正箇所まとめ

WordPressサイトを通常(http://)から常時SSL(https://)化した時の修正箇所まとめ

一般設定

「設定」→「一般」で一般設定を開き、「WordPress アドレス (URL)」と「サイトアドレス (URL)」の欄を「http://」から「https://」に変更する

一般設定のURL欄

投稿、固定ページ、テーマ編集

記事やテーマ内に「http://」で始まるアドレスを使用している箇所は、すべて「https://」に変更する。
「http://」が残っていた場合、一部が非暗号化状態と認識され、当該ページでSSL警告が発生することになる。

以上

レンタルサーバーに「さくらインターネット」を使用している場合はこちら↓
WordPressサイトを常時SSL化した時の修正箇所まとめ(さくらインターネット編)

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です