【Visual Studio】MVCソリューションの納品について

ASP.NET MVCで作成されたソリューションは、ビルドまで通すとクッソ重い。

MVCソリューションのサイズ

この状態だと圧縮してもかなりのサイズなので、納品する時タイヘン。

なので消してもいいファイルをまとめてみた。

MVCソリューションを納品前にサイズダウンさせる

まずソリューションフォルダ直下(slnファイルのあるところ)。

slnファイル直下の構成

この中でpackagesフォルダがめっちゃ重い。

packageフォルダのサイズ

このpackagesフォルダは、ビルド時に作成されるので不要。

次にプロジェクトフォルダの直下。

MVCプロジェクトフォルダ直下

ここはMVCに限らずだけど、binobjは不要。

まとめ

まとめると、以下のフォルダを削除するだけ。

  • ./packages
  • ./[Project]/bin
  • ./[Project]/obj

実行ファイルの納品はまた別だけど、ソリューションの納品はこれでいいかと。

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です