【参加レポート】SORACOM Conference 2016 “Connected.”前編

SORACOM Conference "Connected."ロゴ

2016年1月27日、東京で開催された『SORACOM Conference 2016 “Connected.”』に参加してきたので、そのレポート。

SORACOMとは?

株式会社ソラコム(https://soracom.jp/)が提供するIoTプラットフォームのこと。商標、ブランド。

今回のイベントに趣旨

イベント公式ページによると、以下の通り。

SORACOM Conference 2016 “Connected.”は、株式会社ソラコムが提供する IoT プラットフォーム SORACOM に関する最新の技術情報や活用事例をお届けする年次のカンファレンスです。

イベントレポート

-10:30 イベント開始前

スタバイメージ

会場に着いたのがAM 9:00。10:30開始だったので近所のスタバで待機。
スタバにて「長いレシートを見たことありますか?」と聞かれ「は?」と思っていたら、なんか無料券が貰えるアンケートに当選したらしい。勿論ヒマだったのでアンケートに答えてあげた。
にしても「長いレシート」って…間違えて大量購入でもしちゃったのかと思ったわ。

10:30-12:00 基調講演

午前中はまず『IoT つながるその先へ』と題し、株式会社ソラコム代表取締役社長である玉川氏からIoTプラットフォームSORACOMについての開発~技術的解説に至る説明から、採用各社の事例紹介の後、採用企業の1社である株式会社セールスフォース・ドットコム取締役社長 川原氏からセールスフォースでの活用事例が紹介された。

その後、当日付で新サービスの発表が行われるというまさかの展開に。
しかも発表された新サービスの数が半端ない。

<従来のサービス>

  • SORACOM Air(ソラコム エアー)
  • SORACOM Beam(ソラコム ビーム)

<この日発表された新サービス>

  • SORACOM Canal(ソラコム カナル)
  • SORACOM Direct(ソラコム ダイレクト)
  • SORACOM Endorse(ソラコム エンドース)
  • SORACOM Funnel(ソラコム ファネル)

なんと4個も!マジか!!
この会社ノリにノッてるな、と思った。

とりあえず今日はここまで。午後のレポートはまた改めて書きます。

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です