Visual Studioソリューションの開発バージョンを調べる方法

先日、ある流用開発案件を依頼され、流用元のソリューション一式を渡された。

その案件は稼働環境にかなり制限があったため、開発当時の環境をなるべく再現しつつ作業しようと思い、開発時のVisual Studioのバージョンを発注元に訊ねたら、

「分からない」

と即答頂いたので、調べることに。

8年くらいVisual Studio触ってきて、何度かバージョン変更も経験してきたが、正直あまりバージョンは意識してなかった。

旧バージョンのソリューションを新バージョンで開くなら、自動でコンバートしてくれるので困らなかったのも原因だ。

そこで今回、改めてバージョンを調べる方法をGoogle先生に聞いてみると、面白い事がわかった。

Visual Studioソリューションの開発バージョンの調べ方

それはslnファイルをテキストエディタで開くこと。

マジか、そんなん出来るのか…(ゴクッ)

と思いつつ、テキストエディタで開いてみると、

Visual Studioソリューションのバージョン調べ方

開発したIDEのバージョンが表示されてた!
う~む、今までまったく気づかなかったがコレは便利。

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です