JetpackとGoogle+を連携するとエラーになる時の対処法

Google+ページを公開したので、このサイトと連携させようと思ったらいつものエラーが…。

パブリサイズ共有-32601エラー

常時SSLのやり方が悪いのか、いつも出ちゃうので、いつものように解決する。

パブリサイズ共有-32601の対処法

要はSSLを一旦解除して、連携後、元に戻すっていうことをする。

  1. .htaccessファイルでHTTP→HTTPSへリダイレクト設定してる場合は、.htaccessファイルをリネームして無効化しておく

  2. WordPressの管理画面にログインし、設定 → 一般にて、WordPressアドレスをhttps://○○ → http://○○に変更する

  3. WordPressの管理画面にhttp://○○で再ログインし、Jetpack → パブリサイズ共有の設定画面からGoogle+を「連携」

  4. 以降、Google側で連携設定を進める

  5. 無事に連携できたら、WordPressの管理画面にてWordPressアドレスをhttps://○○に戻す

  6. FTPソフトで.htaccessファイルの名前を元に戻す

出来た!
Google+ページと連携(Jetpack)

投稿画面にもちゃんと出てます。
投稿画面に表示されるGoogle+

連携されてるかチェック

パブリサイズ共有でGoogle+にチェックを入れて「公開」!
Google+の共有結果

おー!連携できてる!
…ん?「あなたとだけ共有しました」?
これはなんかちょっと違う。デフォルトで一般公開してほしい。

デフォルトで一般公開にする方法

いろいろGoogle+の設定を漁って、一応設定方法を見つけたけど、ややこしいのでメモしておく。

  1. Google+のメニューから「設定」を選択。
    Google+メニュー「設定」

  2. 設定画面をスクロールしていき、「他のアプリとアクティビティの管理」欄にある「アプリと投稿への+1を管理」をクリック。
    Google+設定「アプリと投稿への+1」

  3. 画面が切り替わったら、上にあるメニューから「アプリ」を選択する。
    Google+設定「アプリ」をクリック

  4. WordPressの公開対象を「自分だけ」から「一般公開」に変更する。
    Google+のアプリ公開対象を変更

まとめ

-32601エラーが面倒で仕方ない。根本的な解決策、だれか教えてください。

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です