個人事業主でいくか法人でいくか…

独立・起業するにあたり、個人事業主として開業するか、法人登記して会社にするか誰もが迷う選択しだと思う。

かくいう私もどっちにしようか迷ったので、違いを整理しておく。

一番気になるお金の違い

まずは一番気になるお金の違い。

最初に、初期費用にどれだけかかるかざくっと調べてみた。

初期費用
個人事業主 法人
申請内容 税務署で開業届 法務局やら公証人役場やらで登記手続き
申請費用 通常は0円 20~30万円
(自分でやるか専門家に頼むかで変動)
その他 特になし 印鑑作成
2万円~

次に、維持費がどうなるか。

維持費
個人事業主 法人
個人事業税:
事業所得が290万円以下なら0円。
超えたら儲けの約40%
均等割り:
通常7万円(法人規模で変動)
法人税:
儲けの約40%

法人にしても個人事業主にしても、売り上げに比例してお金がかかる。
で、スーパーざっくりで比較検討すると、年間の売り上げが1,000万円超えるなら法人が、超えないなら個人事業主がお得っぽい。

事業を開始するまでのスピード

私の場合、ハローワークへ再就職手当の届け出を控えていたため、身元が落ち着くまでの期間も気になっていた。

これに関しては以下の通り。

事業を開始するまでの期間
個人事業主 法人
税務署→銀行の順で手続きして、1日で終わる なんやかんやで1ヶ月くらい

法人登記する理由

人それぞれいろいろあると思うけど、ネットサーフィンしててよく見る理由をまとめてみた。

  • 仕入れ先が法人でないと契約できないから
  • 取引先が法人でないと契約できないから
  • 法人でないと取り扱えない商材だから
  • 金融機関からの融資が受けやすいから
  • 節税したいから
  • なんかカッコいいから
  • 自分を追い込むために
  • アプリ出すのに本名出したくないから

等々、中にはちょっとふざけた理由もあるけど、そこらへんは本人がやる気になるなら何でもありかな、と。

まとめ

ノリで書いたけど、読み返してみたら、内容が極薄で公開するのもどうかと思うレベルだった。
でも、せっかく書いたのでメモ代わりに残しとく。

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です