【AWS】EC2ストレージの拡張

とある環境でストレージ不足によりシステムが動かないトラブルが頻発していたので、ストレージ拡張を行う。

# df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
devtmpfs         16G     0   16G   0% /dev
tmpfs            16G     0   16G   0% /dev/shm
tmpfs            16G  436K   16G   1% /run
tmpfs            16G     0   16G   0% /sys/fs/cgroup
/dev/nvme0n1p1  8.0G  7.9G  0.1G  98% /
tmpfs           3.2G     0  3.2G   0% /run/user/1000

赤字のところがパンパンでダメっぽい。
ゴミファイルの定期削除処理は入れたけど、まだ不安なのでストレージも拡張しておく。

AWS マネジメントコンソールで拡張

AWS マネジメントコンソールにログインし、まずは拡張したいEC2インスタンスのストレージを表示する。

AWSマネジメントコンソールでEC2からストレージを表示

ボリュームの詳細画面にて、「変更」ボタンをクリックする。

AWSストレージの変更

変更後のサイズを入れて、「変更」ボタンをクリックする。
しばらく時間かかるので放置。

AWSストレージサイズの変更

※サイズを小さくすることはできないので注意!!

Amazon Linux OS側で拡張

AWS マネジメントコンソールの変更だけでは、システム側へ反映されない。

次に、ストレージを参照しているサーバにログインし、設定を変更する。

# sudo growpart /dev/nvme0n1 1
CHANGED: partition=1 start=4096 old: size=16773087 end=16777183 new: size=41938911 end=41943007
# sudo xfs_growfs /dev/nvme0n1p1
meta-data=/dev/nvme0n1p1         isize=512    agcount=4, agsize=524159 blks
         =                       sectsz=512   attr=2, projid32bit=1
         =                       crc=1        finobt=1 spinodes=0
data     =                       bsize=4096   blocks=2096635, imaxpct=25
         =                       sunit=0      swidth=0 blks
naming   =version 2              bsize=4096   ascii-ci=0 ftype=1
log      =internal               bsize=4096   blocks=2560, version=2
         =                       sectsz=512   sunit=0 blks, lazy-count=1
realtime =none                   extsz=4096   blocks=0, rtextents=0
data blocks changed from 2096635 to 5242363
# df -h
Filesystem      Size  Used Avail Use% Mounted on
devtmpfs         16G     0   16G   0% /dev
tmpfs            16G     0   16G   0% /dev/shm
tmpfs            16G  436K   16G   1% /run
tmpfs            16G     0   16G   0% /sys/fs/cgroup
/dev/nvme0n1p1   20G  3.7G   17G  19% /
tmpfs           3.2G     0  3.2G   0% /run/user/1000

無事8GB → 20GBに拡張できた!

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のPG・SEを経て、独立。 現在はとある企業のCTOと、変な名前の会社の社長をしてる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください