【AWS】Amazon Linux OSのタイムゾーンを変更する

ちょっと今から、とあるサーバをメンテすることになったんだけど、その前にマシンタイムがUTCでなんだかなーって感じなので、タイムゾーンを変更する。

そのついでのメモ。

やったこと

rootユーザに切り替え

とりあえず最強の力を手に入れる。

# sudo su -

タイムゾーンの設定

マシンタイムを確認する。

# date
Mon May  2 09:25:50 UTC 2022

dateコマンド打ったら紛うことなき「UTC」。何度見てもUTCなので、日本時間に変更する。

# cp -p /etc/localtime /etc/localtime.org
# ln -sf /usr/share/zoneinfo/Asia/Tokyo /etc/localtime

バックアップ取ってから、マシンタイムのシンボリックリンクを差し替える。

# date
Mon May  2 19:10:34 JST 2022

この時点で、マシンタイムが日本時間に変わる。

ただ、この状態だとマシン再起動したらUTCに戻ってしまうので、設定ファイルも修正する。

# cp -p /etc/sysconfig/clock /etc/sysconfig/clock.org
# vi /etc/sysconfig/clock
ZONE="UTC"
UTC=true

この2行しか書いてなかったので、ZONE“Asia/Tokyo”に変更して保存。

念のため、rebootして確認。

# date
Mon May  2 19:18:33 JST 2022

OK。再起動してもタイムゾーンが維持されていました。

ついでに

よく使うLinuxディストリビューションの場合もメモしておく。

CentOS / Ubuntu

# timedatectl set-timezone Asia/Tokyo

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のPG・SEを経て、独立。 現在はとある企業のCTOと、変な名前の会社の社長をしてる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください