WordPressでリビジョン機能を停止させる

ある日、投稿記事を修正してて、公開パネルをふと見たら「リビジョン:28」とか書いてんの。いや、そんな修正してないだろ!と思ってたら、どうやら投稿画面を開いている時の自動保存もカウントされてたみたい。

機能としてはすごく良くて、過去のリビジョンにロールバックとか出来るんだけど、書いてるのも自分だけだし、ロールバック機能を使ったこともない。

正直うっとうしいなと思ったので、リビジョン機能を停止することにした。

リビジョン機能を停止する

wp-config.php」ファイルを開き、wp-settings.phpを読み込む(require_once(ABSPATH . ‘wp-settings.php’);前に下記コードを書けばリビジョン機能を停止できる。

// リビジョン機能停止
define('WP_POST_REVISIONS', false);

あと、状況に応じて下記のような修正をするかもってことで。

リビジョンの数を制限する

複数ユーザーが触ったり、クライアントへ納入するサイトだった場合に、リビジョン機能は残しときたいけど大量に増えるのも…って場合は、リビジョン数も制限できる。

やり方は停止と同様にwp-config.php内のwp-settings.phpの読み込み前に、下記コードを書く。

// リビジョン制限(例.10回)
define('WP_POST_REVISIONS', 10);

自動保存の間隔を変更する

デフォルトは60秒ごとに自動保存されるので、ほっといたらどんどんリビジョンが増える。
リビジョン機能、自動保存機能は欲しいけど、60秒ごとは多すぎるっていう場合は自動保存の間隔を変更できる。
これも同様にwp-config.php内のwp-settings.phpの読み込み前に下記コードを書く。

// 自動保存の間隔(例.10分 = 600秒)
define(AUTOSAVE_INTERVAL, 600);

自動保存機能を停止する

リビジョン機能は残したいけど、自動保存はいらないって場合は、自動保存機能だけ停止できる。
修正ファイル、修正場所は上記と同様。

// 自動保存機能停止
function disable_autosave() {
  wp_deregister_script(‘autosave’);
}

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です