Laravelインストールに失敗したから削除してやり直す

Laravelインストールに失敗したから削除してやり直す

Laravelをインストールした時の失敗談。

インストールするディレクトリを間違える

WebサーバのルートディレクトリにLaravelをインストールしたくて、インストールコマンドのプロジェクト名を省略すると…

# composer create-project --prefer-dist laravel/laravel
Creating a "laravel/laravel" project at "./laravel" ← え!?

コマンドの実行ディレクトリに「laravel」ディレクトリが生成されてしまった…

違うんや…直下に入って欲しかったんや…
どうやらプロジェクト名を省略すると「laravel」ディレクトリが生成されるみたい…

インストールしてしまったLaravelをアンインストールする

なんやかんやと手順を書いている記事もあったけど、結構古くて存在しないファイルについて書かれていたので、シンプルにディレクトリごと消す
問題出ればコンテナごと消し去ればいいやと思いながら…

# rm -rf laravel

とりあえず無事にlaravelディレクトリは跡形もなく消えた。

/var/www直下にインストールすべく再トライ!

# composer create-project --prefer-dist laravel/laravel .
Creating a "laravel/laravel" project at "./" ← いけそう!

コマンドの実行が終わったらlocalhostにアクセスしてみる。

Laravelインストール後localhost画面

ちゃんと表示できた。

開発時に問題出るかもしれないけど、ひとまず様子見。

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください