【PHP】CentOS × Visual Studio Codeでデバッグする

CentOSVisual Studio Codeの組み合わせでPHPリモートデバッグする方法。

仮想環境でCentOSを準備する

リモートデバッグ先の環境として、VagrantでCentOSを起動する。使う環境はお弁当。

bento/centos-7.4

XDebugはインストールされていたので、php.iniのみ変更。(赤字の部分を追加

:
[XDebug]
zend_extension="/usr/lib64/php/modules/xdebug.so"

html_errors=on
xdebug.remote_autostart=on
xdebug.remote_enable=on
xdebug.remote_connect_back=on
xdebug.remote_handler=dbgp
xdebug.remote_host=localhost
xdebug.remote_port=9000
:

ここで一旦vagrant reload。(サーバ再起動)

Visual Studio Codeの設定

仮想環境との共有フォルダを開き、デバッグ設定ファイルlaunch.jsonを開く。

以下を環境に合わせて設定。

     :
    "configurations": [
        {
            "name": "Listen for XDebug",
            "type": "php",
            "request": "launch",
            "port": 9000,
            "pathMappings": {
                "/var/www/html": "${workspaceRoot}"
            }
        },
        :
    ]
     :

基本的には、デフォルトの設定にpathMappings設定を追記すればいけると思う。

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください