【WordPress】Contact Form7でドメインチェックを外す方法

WordPressの定番メールフォームプラグイン「Contact Form7」。

メール設定の際、「送信元」にホームページと異なるドメインのメールアドレスを設定しようとすると怒られる

ただ、登録時に怒られるだけなので、登録さえしてしまえば異なるドメインでも、送信元アドレスとして使用することができる。

敵はメールアドレス入力後のバリデーションだけなので、プラグインのソースをちょこっと触ってバリデーションを解除してみた。

Contact Form7のメール設定からドメインチェックを外す

※バージョン5.1の場合

includes/config-validator.php
404行目、validate_mail関数内部、error_email_not_in_site_domainをaddしてる箇所をコメントアウト。
/*if ( ! $this->detect_invalid_mailbox_syntax( sprintf( '%s.sender', $template ), $sender )
	and ! wpcf7_is_email_in_site_domain( $sender ) ) {
	$this->add_error( sprintf( '%s.sender', $template ),
		self::error_email_not_in_site_domain, array(
			'link' => self::get_doc_link( 'email_not_in_site_domain' ),
		)
	);
}*/

これでメール設定時のドメインチェックを外して登録できるようになる。

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください