QNAP NASでUbuntuを立ち上げてSSH接続するまで

研修用にLinux環境が必要だったので、この間購入したQNAP NAS(TS-251+)Ubuntuの仮想環境を立ち上げることにした。

「Container Station」のインストール

まず、仮想環境構築用アプリである「Container Station」をインストールする。

  1. App Center」を起動する
    QNAP NAS App Center の起動

  2. Container Station」をインストールする
    QNAP Container Stationのインストール

  3. アプリ一覧に「Container Station」がインストールされたら完了
    QNAP Container Station アイコン

コンテナの作成

次に、Container Stationを起動して、「コンテナ」を作成する。
(例として、作成する環境は「Ubuntu」)

  1. 起動後、左メニューの「コンテナの作成」をクリックする
    QNAP Container Station コンテナの作成

  2. Ubuntu」を探して、「インストール」をクリック
    QNAP NAS Container Station Ubuntu インストール

  3. 実行中コンテナに追加されたら完了
    QNAP Container Station Ubuntu 実行中

コンテナの設定

コンテナのネットワーク設定を変更する。
(このへんは分かる人は任意で設定してください)

  1. コンテナ画面から「設定」をクリックする
    QNAP Container Station 設定01

  2. コンテナ設定画面から「詳細設定」をクリックする
    QNAP Container Station 設定02

  3. ネットワーク」にて「ネットワークモード」を「Bridge」にし、「DHCP を使用する」を選択し、「適用」をクリックする
    QNAP Container Station 設定03

Ubuntuの設定

QNAP WEB管理画面のコンソールから、Ubuntuの設定を行う。

Open SSH Serverのインストール

まず、念のため、以下のコマンドでアップデートする。

sudo apt-get update

次に、以下のコマンドでOpenSSHをインストールする。

sudo apt-get install openssh-server

成功ログが出たら完了。

ユーザーの追加

次に、以下のコマンドでログインユーザーを作成する。

adduser [user_name]

パスワード以外にも色々入力が求められるので適当に入力する。

IPアドレスの確認

最後に、以下のコマンドで仮想環境のIPアドレスを確認する。

ifconfig

UbuntuへSSH接続する

あとは、確認したIPアドレス、作成したユーザでSSH接続する。

QNAP NAS UbuntuにSSH接続成功

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です