QNAP NASにOpenVPNで接続する方法

QNAP NASにOpenVPNで接続するイメージ

QNAP NASにOpenVPNでVPN接続する方法。
(本家サイトが古かったため)

本家サイトの説明

基本的にVPN接続の説明は、QNAP本家のページに記載されている。

QNAP NAS を VPN サーバーとして設定する方法 – QNAP

PPTPやL2TP/IPsecの場合、上記ページの説明で問題なく接続できるが、OpenVPNの場合、内容が少し古かったので、接続までの流れをメモしておく。

OpenVPN クライアントソフトのインストール

まず、QNAP NASにVPN接続するマシンに、OpenVPN のクライアントソフトをダウンロード、インストールする。

ダウンロード | OpenVPN.JP
https://www.openvpn.jp/download/

QNAP NAS、ルータの設定

QNAP NAS のコントロールパネルより、OpenVPNを有効にし、NASが繋がっているルータのポートを開放する。

このあたりの手順は、上記本家ページの記載に従う。

OpenVPN クライアントソフトの設定

この設定が本家サイトの説明と違う。

  1. まず、QNAP NASからダウンロードした設定ファイル(zip形式)を解凍する。

  2. OpenVPN GUIを起動させる。

    OpenVPN初期起動エラー

    上記のようなメッセージが出力されたら、C:\Users\[ログインユーザ]\直下に、OpenVPNフォルダが生成されてるか確認する。

  3. フォルダが生成されていたら、NASからダウンロードしたファイルを、生成されたフォルダにコピーする。(変更はしなくてよい)

    <移動するファイル>
    ・ca.crt
    ・openvpn.ovpn
    <移動する先>
    ./OpenVPN/config/openvpn/

これで、タスクバーからOpenVPNのアイコンを右クリック→接続で、パスワード認証画面が表示され、ユーザー名とパスワードを正しく入力するとVPN接続される。

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です