STRiDA(ストライダ)を電動に改造する「HIDDENPOWER」

STRiDAストライダ)はいいね。

折り畳めばコンパクトで、乗り心地も良くて、何より目立つし。

さらに電動になれば最高だなと思ってたら、見つけました。

電動自転車改造用キット「HIDDENPOWER E-BIKE KIT」

Hidden Power Strida Kit
© Hidden Power GmbH

オーストリアにあるHidden Power社が開発・販売している、電動自転車改造用キット。
その名も「HIDDENPOWER E-BIKE KIT」!

普通の自転車のほか、折り畳み自転車用のキットがあり、我らがSTRiDA用のキットも用意されている。

HIDDENPOWER WebSite
http://hiddenpower.eu/

改造方法

上記サイトからも導入マニュアルがダウンロードできるが、YouTubeでアップされている動画が分かりやすい。

ドリルで穴開けたり、ハンダ付けしたり、まぁまぁな改造が必要になるが、道具さえ揃っていれば、さほど難しくない感じ。

実際の走行性能は?

以下の動画は、実際に走ってるとこ。

見た感じ早めにこいでる時くらいのスピードかな?

公式スペックによると、最高速度は電動アシストタイプで25km/h、電動自転車タイプで30km/hなので、原付並みのスピードは出るようだ。

また、走行距離は電動アシストタイプで50km以上、電動自転車タイプで約30kmとなっている。

気になるお値段は?

さて、気になるお値段だが、公式サイトで見ると849,00 €となっている。

日本円で約10万円
もはや、STRiDA(ストライダ)本体が買える値段(笑)

たっかいなー。でも欲しいなー。

電動自転車タイプは日本の公道では乗れないけど、電動アシストタイプならいけそうだし、いつか実装してみたい。

もし実装してる方がいましたら、是非乗せてください!!!(笑)

追記:

2016年12月時点で、Strida Kitは電動自転車タイプしか販売されてないみたい。

さらに電動アシストタイプについても「型式認定が必要かも」とコメント頂きました。

調べてみたら、今のところ法的要件を満たせば型式認定してなくても違法ではないらしい。

で、スペック表を見てみると25km/hまで補助されるみたいで、この時点で日本の規格を満たしてない。チーン。

また、日本はアシスト比率1:2と決まっているので、速度に応じたアシスト制御が必要になるが、この部分でも微妙。

なので、今んとこ電動アシストタイプが発売したとしても日本での使用は無理っぽい…(´・ω・`)
常々思うけど、もっと乗り物に対する規制緩和して欲しいなぁ…。

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です