レジストリ登録ファイル(.reg)を作成する

regファイルアイコン

レジストリにキーと値を追加するためのregファイルの作成方法。

レジストリとは

レジストリとは、Windowsの設定情報データベースのこと。

オペレーティングシステムやアプリケーションの設定情報を格納している場所である。

レジストリの確認方法

「Windows」+「x」で、メニューを表示し、「ファイル名を指定して実行」を選択。
「名前」欄に「regedit」と入力して「OK」をクリックする。

ファイル名を指定して実行で「regedit」

すると「レジストリエディタ」が表示され、この画面上でキーや値の追加・変更・削除が行える。

レジストリエディタのイメージ
レジストリエディタ

※ レジストリの変更は、オペレーティングシステムの動作に影響するため、意味も分からず変更することはやめましょう!

レジストリ登録ファイル(.reg)の必要性

レジストリの変更内容が小規模の場合なら、特に登録ファイルは必要ない。

レジストリの変更内容が多かったり、特に複数のパソコンに同時に適用しないといけない場合などは、レジストリ登録ファイルが非常に活躍する。

レジストリ登録ファイルの作成方法

まず、一番簡単なものは、レジストリエディタのエクスポート機能を使う方法。

左のツリーからキーを選択して、「ファイル」→「エクスポート」と選択すれば、そのキーを復元するためのレジストリ登録ファイルが作成される。

次に、最小限のものをメモ帳などで手打ちする場合は、以下の形式で記述する。
(例.特定のキー値を設定する場合)

Windows Registry Editor Version 5.00←バージョン表記。基本このまま

[HKEY_XXXX\XXXX\XXXX]←ツリーの階層
"キー"=値←設定内容

レジストリ登録ファイルの表記例

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\TEST\Test\]
"TestKey"=dword:00000001

上記の例なら、キー「HKEY_LOCAL_MACHINE\TEST\Test\TestKey」に、値「1」を設定するとなる。

レジストリ登録ファイルの動作について

レジストリ登録ファイルで登録するキーは、存在しなければ追加、既に存在していれば上書きという形で反映される。

ディレクトリに他のキーがある場合、他のキーの記述をしていなくても、消えることはない。

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です