WordPressでのSEO対策「All in One SEO Pack」

特定のカテゴリがまったく検索に引っかからないので、今更ながらSEO対策プラグインを導入することにした。

とりあえず、WordPressのSEO関連プラグインで、おそらく最も有名な「All in One SEO Pack」をインストールしてみたので、その一部始終。

「All in One SEO Pack」のインストール

WordPress管理画面から、「All in One SEO Pack」プラグインをインストールして有効化する。

All in One SEO Pack プラグイン紹介キャプチャ

All in One SEO Pack プラグインの有効化

インストール・有効化した時点で、ウェブサイトのソースを見てみると…

<!-- All in One SEO Pack 2.3.8 by Michael Torbert of Semper Fi Web Designob_start_detected [-1,-1] -->
<meta name="description" itemprop="description" content="特定のカテゴリがまったく検索に引っかからないので、今更ながらSEO対策プラグインを導入することにした。 とりあえず、WordPressのSEO関連プラグインで、おそらく最も有名な「All in One SEO Pack」をインストールしてみたので、その一部始終。 「All in One SEO" />

<link rel="canonical" href="https://www.out48.com/?p=1183" />
<!-- /all in one seo pack -->

METAタグのdescriptionが追加され、linkタグのcanonicalが移動、titleタグ(ページタイトル)も若干変更(タイトルとサイト名の間のデリミタが”-“ハイフンから”|”縦棒に変更)されていた。

どうやらページタイトル、METAタグに影響を与えるプラグインらしい。

「All in One SEO Pack」の使い方

とりあえず、こんな感じで使い始めました。

  • サイトのdescription設定
  • 固定ページのキーワード、description設定
  • 投稿一覧の表示設定(キーワードだけ編集できるように)
  • 投稿のキーワード設定

これまでの投稿ページに対してのキーワード設定が、チマチマした作業で結構時間がかかった。

効果あるといいなぁ

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です