SSLの適用(さくらインターネット/ラピッドSSL編)

Web Designing 2015年10月号で常時SSL化時代の記事があった。
セキュリティへの関心が高まっている昨今、GoogleやFacebookも対応しているように、常時SSL化はトレンドのようだ。

ちょうど「さくらインターネット」にて「ラピッドSSL」の1年間無料キャンペーン(2016/1/3現在)をやっているので、レンタルサーバーのSSL適用までの流れをまとめておく。

  1. 「さくらのSSL」専用ページから「お申し込み」を選択
  2. キャンペーン中の「ラピッドSSL」を選択し、支払方法等を入力して次へ
  3. CSR(証明書情報)の内容確認画面で、CSRを貼り付ける
    (※さくらインターネットの場合、サーバコントロールパネルからCSR生成することが出来る)
  4. 申請内容の確認画面が出るので、問題なければ申請する
  5. 申し込み完了画面が出て、登録しているメールアドレスに申込み内容が送信される
  6. しばらくすると登録しているメールアドレスに「認証ファイルのアップロード」メールが届く
  7. メールに記載されている通り認証ファイルをダウンロードし、対象ディレクトリ直下にアップロードする
    (※注意!認証ファイルの有効期限は2週間なので早めにアップロードすること)
  8. またしばらくすると登録しているメールアドレスに「SSLサーバ証明書発行のお知らせ」メールが届く
  9. メールに記載されている通りサーバ証明書をダウンロードする
  10. 中間CA証明書をダウンロードする

    (※特に理由がなければ『RSA SHA-2/ラピッドSSL』で良い)
  11. サーバコントロールパネルを開く
  12. 「ドメイン設定」→SSL証明書「登録」→「中間証明書のインストール」
  13. ダウンロードした中間CA証明書のテキストを貼り付け「送信」する
  14. 「ドメイン設定」→SSL証明書「登録」→「証明書のインストール」
  15. ダウンロードしたSSLサーバ証明書のテキストを貼り付け「送信」する
  16. 「ドメイン設定」→「変更」→「SNI SSLを利用する」に変更して「送信」する

以上

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です