【Laradock】PHPのバージョンを上げる方法

Laradock環境で新しいDBを追加する方法

LaradockのPHPのバージョンを上げる方法をメモ。

envファイルの修正

laradockのenvファイルにPHPのバージョン指定があるので、そこを変更する。

.env
### PHP Version ###########################################

# Select a PHP version of the Workspace and PHP-FPM containers (Does not apply to HHVM).
# Accepted values: 7.4 - 7.3 - 7.2 - 7.1 - 7.0 - 5.6
PHP_VERSION=7.4

その後で、php-fpmコンテナをリビルドする。

$ docker-compose build php-fpm

あと多分workspaceも。

$ docker-compose build workspace

これでPHPのバージョンが古いとかcomposerから怒られたりしない。

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のPG・SEを経て、独立。 現在はとある企業のCTOと、変な名前の会社の社長をしてる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください