【AWS】EC2インスタンス作成~VSCodeでRemote-SSH接続するまで

AWS、大阪リージョンできたなーと思いつつずっと使ってなかったので、特に理由はないけど大阪リージョンで遊んでみた。

EC2インスタンス作って、VSCodeでRemote-SSH繋ぐまで。

EC2インスタンス作成

EC2インスタンスを起動

AWS – EC2の画面右上にある「インスタンスを起動」をクリック

Amazon Linux 2 AMI を選択

とりあえず「Amazon Linux 2 AMI」を選択。

t2.microを選択

「t2.micro」を選択して「確認と作成」をクリック。

確認時の警告

デフォルトだと、確認画面にて警告が出る。
適宜、セキュリティグループ編集にて、ファイアウォールの設定を行うこと。

新しいキーペアの作成

「起動」をクリックするとキーペア作成のモーダルが表示される。

キーペアのダウンロード

「新しいキーペアの作成」の選択して、キーペア名を入力した後「ダウンロード」をクリックすると、キーファイル(pemファイル)がダウンロードできる。

SSHで接続

前述で作成したインスタンスにSSHで接続できるか確認する。

例として、Windowsアプリケーションの「Tera Term」から接続してみる。

Tera Term起動画面

「ホスト」にEC2のパブリック IPv4 アドレスを指定して「OK」。

Amazon Linux 2 AMIへSSH接続

ユーザー名に「ec2-user」を指定して、「RSA/DSA/ECDSA/ED25519鍵を使う」にチェックを入れ、ダウンロードしたpemファイルを指定して「OK」。

EC2 SSHで接続成功

SSH接続成功できた!

Visual Studio Codeの拡張機能「Remote-SSH」から接続

次に開発環境でよく使用されるVisual Studio Codeから直接SSH接続する方法。

Remote-SSHのインストール

Visual Studio Codeの拡張機能で「Remote-SSH」と検索。インストールする。

Remote-SSHの追加

Remoteアイコンをクリックすると、ウィンドウが切り替わる。

歯車アイコンをクリックする

歯車アイコンをクリックする。

ssh/configの選択

ssh/configファイルを選択する。存在しなければ新規作成される。

configファイルの初期状態

初期状態ではconfigファイルは上記のようになっている。

例として、以下のように入力する。

# Read more about SSH config files: https://linux.die.net/man/5/ssh_config
Host ec2-linux
    HostName 接続先のパブリックIPv4アドレス
    User ec2-user
    Port 22
    IdentityFile pemファイルのパス

だいたいこれで繋がるはず。

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のPG・SEを経て、独立。 現在はとある企業のCTOと、変な名前の会社の社長をしてる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください