【Laravel】ルーティングメモ(自動で割り当たるルート)

Laravelで既存DBからSeederファイルを生成する方法

Laravelでは、routes/の下にあるweb.php、api.phpとかでルーティング設定ができる。

その時に、ある程度自動で判定されるルーティングもあるのでメモ。

基本的なルーティング

以下のようにルーティングを書く。

Route::resource('photos', 'PhotoController');

すると、以下のルートは勝手に判定される。

メソッド URI ルート名

アクション
GET photos photos.index app\Http\Controllers\PhotoController@index
GET photos/create photos.create app\Http\Controllers\PhotoController@create
POST photos photos.store app\Http\Controllers\PhotoController@store
GET photos/{photo} photos.show app\Http\Controllers\PhotoController@show
GET photos/{photo}/edit photos.edit app\Http\Controllers\PhotoController@edit
PUT|PATCH photos/{photo} photos.update app\Http\Controllers\PhotoController@update
DELETE photos/{photo} photos.destroy app\Http\Controllers\PhotoController@destroy

showとかeditとか、どこで定義してるんだろう?とか探さないように。

さっきまで必死こいて探していたのは僕です。

参考

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のPG・SEを経て、独立。 現在はとある企業のCTOと、変な名前の会社の社長をしてる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください