BacklogのGitからsshでcloneする

プロジェクト管理ツールBacklogにはGit機能がある。

タスクとソースを一元管理できるので、すごく便利。

BacklogのGitにSSHで接続してcloneするまでの手順メモ。

そもそもSSH接続とは?

GitにSSHで接続する前に、そもそもSSH接続についておさらい。

SSH – Wikipedia
Secure Shell(セキュアシェル、SSH)は、暗号や認証の技術を利用して、安全にリモートコンピュータと通信するためのプロトコル。パスワードなどの認証部分を含むすべてのネットワーク上の通信が暗号化される。
https://ja.wikipedia.org/wiki/Secure_Shell

接続するには、まず、認証が必要である。

SSHでは公開鍵暗号(RSAやDSA)を用いて認証する。

つまり、以下のような関係性が必要となる。

Backlog Gitとクローン先の鍵関係

開発PCや、サーバは秘密鍵を。Backlog(Git)側は公開鍵を持っている構図。

これを踏まえて、実際にgit cloneできるまでの操作を説明する。

鍵(キーペア)の生成

鍵の生成方法は複数ある。

今回は、Git for WindowsがインストールされたWindows端末で、Git Bashコンソールから生成する。

  1. Git Bashを起動する。
    普通はユーザディレクトリ(~)がカレントになるが、もし、ユーザディレクトリでなければ、cd ~で移動する

  2. .sshディレクトリがなければ、作成する。mkdir .ssh

  3. キーペアを生成する。ssh-keygen

これで、~/.sshディレクトリに、id_rsaファイル(秘密鍵)と、id_rsa.pubファイル(公開鍵)が生成される。

秘密鍵は、cloneしたい端末の.sshに配置(複数ある場合は生成した秘密鍵ファイルをコピーする)し、公開鍵はBacklogに登録する。

Backlogに公開鍵を登録

cloneしたいGitを持つプロジェクトに参加しているアカウントでBacklogにログインし、SSH公開鍵を登録する。

SSH公開鍵登録 – Backlog
https://backlog.com/ja/enterprise-help/userguide/userguide1281/

Gitクローン!

端末に秘密鍵があり、Backlogに公開鍵が登録されている状態になれば、SSH指定でGitクローンを行う。

BacklogのGit、SSHホスト取得

これでBacklogのGitをSSHでクローンできる。

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください