コロナ対策で考えた発明が既にあった件

コロナ拡大防止で掲げられている、避けて欲しいとされる「三密

  • 密接 … 間近で会話や発声をする
  • 密閉 … 換気が悪い
  • 密集 … 多数が集まる

昨日、コロナ対策で密接・密集回避のためにすぐに出来そうな装置を考え付いたのがこちら。

コロナ対策の発明品

大きなフラフープを腰に固定装着する、その名も「ソーシャル・ディスタンシングマシン

この構想を同僚に伝えたら、

「なんか昔漫画で見たことある…」

なんだ…と…!?

調べてみた

こどものおもちゃ - 羽山よけ
©小花美穂 / 集英社

あった

まさか20年以上前に考えられていたとは…

こどものおもちゃは私も見てたからどこか記憶に残ってたのか…?

冗談はさておき

コロナ拡大防止のため、皆さん、三密は避けましょう!

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください