AWS Free Tier limit alert ってメールが来た…!

AWS Free Tier usage limit alert

仕事でAWSを使い始めたら、AWSから色々メールが来るようになった。

全部英語で。

ほんと、どんどんグローバル化の波が迫ってくるな…抗えねぇ( ;∀;)

で、今回「alert」とか不安で死にそうになるメールが来たので、とりあえず書いてる内容をまとめておく。

AWS Free Tier limit alert(AWS無料利用枠制限アラート)

メールタイトルをGoogle翻訳したら「AWS無料利用枠制限アラート」とのこと。

完全にお金が絡んでるので、読み進めるの超怖い…

本文に書いていること

本文は、以下のようなことが書いてあった。

AWS Free Tier usage limit alerting via AWS Budgets

Dear AWS Customer, 

Your AWS account [XXXX] has exceeded 85% of the usage limit for one or more AWS Free Tier-eligible services for the month of January. 

AWS Free Tier Usage as of 01/18/2020AWS Free Tier Usage Limit
0.8727 GB-mo1 GB of Amazon Elastic Block Storage snapshot storage
To learn more about your AWS Free Tier usage, please access the AWS Billing & Cost Management Dashboard. You can find more information on AWS Free Tier here. This alert is provided by AWS Budgets. AWS automatically tracks your service usage and will alert you if you have reached 85% of the usage limit for one or more AWS Free Tier-eligible services. To unsubscribe from these alerts or to change the email address to which you would like your alerts to be sent, please visit the Cost Management Preferences.

ふむふむ。全然わからねぇ。

てことで、うなれ俺のGoogle翻訳!

AWS Budgetsを介したAWS無料利用枠の制限アラート

AWSのお客様各位、

AWSアカウント[XXXX]は、1月の1つ以上のAWS無料利用枠対象サービスの使用制限の85%を超えています。

2020年1月18日におけるAWS無料利用枠の使用量AWS無料利用枠の使用制限
0.8727 GB-mo1 GBのAmazon Elastic Block Storage snapshot storage
AWS無料利用枠の使用の詳細については、AWS Billing & Cost Managementダッシュボードにアクセスしてください。 AWS無料利用枠の詳細については、こちらをご覧ください。 このアラートはAWS Budgetsによって提供されます。 AWSはサービスの使用状況を自動的に追跡し、1つ以上のAWS無料利用枠対象サービスの使用制限の85%に達した場合に警告します。これらのアラートの登録を解除するか、アラートの送信先のメールアドレスを変更するには、コスト管理の基本設定にアクセスしてください。

なんとなく、月1GBしか使えない何かがやばいってことか。

実は、このアラートメール、他にも何通か来ていて、異なるサービスが書いてるケースもあった。

2020年1月17日におけるAWS無料利用枠の使用量AWS無料利用枠の使用制限
640.7244 Hrs750 hours of Amazon EC2 Linux t2.micro instance usage

ここで、よく分からない単語を別途調べてみる。

AWS Budgets
カスタム予算を設定して、コストまたは使用量が予算額や予算量を超えたとき (あるいは、超えると予測されたとき) にアラートを発信できる機能
Amazon EC2
安全でサイズ変更可能なコンピューティング性能をクラウド内で提供するウェブサービス
Amazon Elastic Block Storage
Amazon Elastic Block Store (EBS) は、Amazon Elastic Compute Cloud (EC2) と共に使用するために設計された、スループットとトランザクションの両方が集中するどんな規模のワークロードにも対応できる、使いやすい高性能なブロックストレージサービス
AWS Billing and Cost Management
AWS の請求書の支払い、使用量のモニタリング、およびコストの計上に使用するサービス

EC2は何度か仕事で使ったことあるので、なんとなーく理解していたけど、いざ自分で設定すると違った見え方するね。

さて、ここで疑問が。
AWS登録後に何も考えずにバカスカEC2のインスタンスを作っていたので、使わなくなったやつを停止したんだけど、まだアラートが来るんだよな。

上記の単語を調べていた際に、以下のページを見つけた。

インスタンスがすべて停止しているのに EBS に課金されるのはなぜですか。
https://aws.amazon.com/jp/premiumsupport/knowledge-center/ebs-charge-stopped-instance/

なるほど…。インスタンスを停止しただけじゃダメなのね。
そりゃそうか。保管しておくだけでもお金かかるもんな。

というわけで、使わなくなったインスタンスは全部消すことにしました。
まだまだAWSが怖いです…。

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

「AWS Free Tier limit alert ってメールが来た…!」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください