VCCWでphpMyAdminが使えるようにする

WordPress開発で、最強に便利なVCCWだけど、デフォルトではphpMyAdminが入っていない。

phpMyAdmin大好きな自分にとっては、あると嬉しいのでインストールしてみた。

phpMyAdminのダウンロード

まず、phpMyAdminのサイトから、phpMyAdminをダウンロードする。

phpMyAdminのインストール

ダウンロードしたファイルを解凍し、任意のフォルダ名に変更する。(例.phpmyadmin)
ここで変更したフォルダ名がphpMyAdminのパスになるので、そのつもりで。

このフォルダを、VCCWの共有フォルダ(デフォルトではwordpress)直下に移動する。

インストールはこれで完了。

共有フォルダ以下を、Gitなどで管理している場合は、ケースバイケースで無視リストに設定すること。

phpMyAdminを使う

phpMyAdminを共有フォルダに移動したら、vagrant upして仮想環境を立ち上げる。

フォルダ名を「phpmyadmin」にした場合、ブラウザに「vccw.test/phpmyadmin/」と入れるとログイン画面が表示される。

phpMyAdminログイン画面

初期パスワードはVCCWのサイトによると以下の通り。

  • Username: wordpress or root
  • Password: wordpress

データベースはwordpressとなっている。

wordmoveの設定を変更する

ステージング環境や本番環境にVCCWからデプロイするのにWordmoveを使っている場合、phpMyAdminのフォルダはアップロードの対象外としたい。

そのため、VCCWにログインし、movefile.ymlを変更する。(phpMyAdminのフォルダ名がphpmyadminの場合)

movefile.yml
:
exclude:
    - 'phpmyadmin/'
:

これでVCCWでphpMyAdminを使えるようになった。

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください