【WordPress】投稿時にFacebookやTwitterにも自動で投稿させる方法(連携・連動)

WordPressで新規投稿する際、FacebookやTwitterなどのSNSと連携させることはアクセス数向上に非常に効果的である。という事でやってみる。

WordPressプラグイン「Jetpack」のPublicize機能

JetpackはWordPressに必須のプラグインなのでインストールから設定までやってみる」でインストールしたWordPressプラグインの「Jetpack」の機能を使えば、各種SNSとの連携が可能である。

使用するのは「Publicize/パブリサイズ共有」機能。
以下より連携までの手順を記載する。

  1. WordPress管理画面の左メニューから「Jetpack」を選択する。
    左メニュー「Jetpack」

  2. JetpackメニューからPublicize機能の設定アイコン(歯車)をクリックする。
    JetpackメニューPubliceze設定

WordPressとFacebook/Twitterを連携・連動させる

  1. Publicize/パブリサイズ共有の設定画面でFacebookの『連携』ボタンをクリックする。
    JetpackのPublicize機能でFacebook連携

    ※ここでエラーでつまづいた!

    Jetpackエラーメッセージ-32601
    Jetpackエラーメッセージ-32601

    上記エラーの解決策は下記記事を参照。
    常時SSLサイトでJetpackが連携できない

  2. Facebookのログイン画面(ログイン中なら承認画面)に移動するので連携を承認する。

  3. Twitterや他のSNSも同様の方法で連携する。

    Facebook/Twitter連携完了
    Facebook/Twitter連携完了

WordPressでの新規投稿をFacebook/Twitterで確認する

パブリサイズ共有の設定が完了すれば、以降の投稿記事は共有したSNSに連携配信されるようになる。

  1. 新規投稿画面を表示すると、右にある「公開」ウィンドウの下部にパブリサイズ共有が追加されている。
    公開ウィンドウに表示されるパブリサイズ共有

    詳細を編集」リンクをクリックすると↓
    パブリサイズ共有「詳細を編集」クリック後

    チェックボックスが入っているSNSに共有され、「カスタムメッセージ」には共有時に表示されるテキストが入力できる。(投稿記事のタイトルがデフォルト表示される)

    設定」リンクをクリックすると、パブリサイズ共有メニューが別タブで開く。

  2. 投稿記事を公開する。
    WordPressで投稿した記事

    Facebookで表示を確認する。

    パブリサイズ共有した時のFacebookページの表示
    なんとなく共有されてるっぽい

    Twitterで表示を確認する。

    パブリサイズ共有した時のTwitterの表示
    こちらも共有されてるっぽい

まとめ

JetpackはWordPressサイトに必須のプラグインであるが、環境によっては上手く動作しないことも多いようである。
ただし、サポートページや問合せも受け付けているため、そのへんも上手く活用できれば問題ないと思われる。

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です