【Windows】Vagrantのインストール

Vagrantロゴ

仮想環境構築ツールのVagrantをインストールしてみる。(OS:Windows10

Vagrantとは

VirtualBoxとかVMwareを利用して仮想環境の構築を行ってくれるソフト。

Vagrantfileというファイルに設定内容を記述することができる。

また、イメージファイルはboxと呼ばれている。(拡張子も.box)
boxは自分で作成することも出来るし、既に構築済みのboxをダウンロードしてきて使うことも出来る。

Vagrantのインストール手順

まず、Vagrantのページにアクセス。
https://www.vagrantup.com/

Vagrantホームページ

「Download」をクリック。

VagrantのOS選択

OSの種類を選択してダウンロード。

Vagrant msiファイル

msiファイルをダブルクリックし、後はウィザードの言う通りに進める。

Vagrantインストール後の確認メッセージ

インストール完了後、再起動するかの確認メッセージが出るので、再起動するなら「Yes」、後で再起動するなら「No」をクリックする。

再起動後、以下のコマンドを入力する。

vagrant -v

バージョン情報が表示されたら、インストール成功!
後はboxを読み込めば、開発環境が起動できるようになる。

便利な世の中になったもんだ。

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください