【Visual Studio】”LC.exe” はコード -1 を伴って終了しました。の対処法

Visual Studioでビルドした時に、

"LC.exe" はコード -1 を伴って終了しました。

エラーが出て、ビルド出来ない時の対処法。

LC.exeとは?

まず、LC.exeとは何か?

LC.exeは、ライセンス・コンパイラと呼ばれるコンパイラの一種で、その名の通り、ライセンスに関係する。

ビルドエラーの対処法

このエラーが出る場合、何かしらのライセンス認証で不具合が起こっている可能性があるので、「licenses.licx」ファイルを確認する。(C#の場合、Propertiesフォルダ内にある)

ライセンスが必要な製品を使っている場合、その製品のヘルプページなどを見れば、ライセンス情報などが記載されているので、正しいバージョン情報を書き込むことで解決する。

例)GrapeCity ナレッジベース

「エラーメッセージ「”LC.exe” はコード -1 を伴って終了しました。」が表示され、ビルドできません」
https://dev.grapecity.co.jp/support/kb/detail.asp?id=33504

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください