【さくら】既に使用している独自ドメインでサブドメインを追加する

既に公開しているドメインで、サブドメインを利用する方法。

今回は、さくらインターネットレンタルサーバーの場合。

サブドメインの追加方法

  1. サーバコントロールパネルにログインし、「ドメイン設定」へ進む。

  2. 新しいドメインの追加」をクリック。
    さくらインターネット サブドメインの追加方法01

  3. ドメイン名にサブドメインを追加したい独自ドメインを選択し、「サブドメインを指定」にチェックを入れ、「送信する」をクリック。
    さくらインターネット サブドメインの追加方法02

  4. サブドメインの名称を入力し、サブドメインを追加する独自ドメインを選択して「送信する」をクリック。
    さくらインターネット サブドメインの追加方法03

  5. 確認画面で「送信する」をクリック。
    さくらインターネット サブドメインの追加方法04

  6. 完了画面が表示されれば送信完了。
    さくらインターネット サブドメインの追加方法05

既存のドメイン(サイト)への影響は?

上記のサブドメイン追加を送信しても、既存のドメインへの影響はなく、そのまま表示される。

追加したサブドメインは既存のドメインと関係ない

ドメイン申請を送信してから、しばらくすると、サブドメインでアクセスできるようになる。

サブドメインテスト成功

SSL証明書は共有できるの?

既存で利用していたドメインにSSL証明書をつけていた場合、サブドメインにも反映されるのか?

サブドメインでもSSL通信したい場合は、ワイルドカード証明書が必要になる。

なので、現在の証明書がワイルドカード証明書でなければ、サブドメインに既存のSSL証明書は適用されない。

下記の通り、ワイルドカード証明書は、通常の証明書よりお高め。

発行元 通常の証明書 ワイルドカード証明書
ラピッドSSL 1,620円/1年 20,000円/1年
Geotrust
(トゥルービジネスID)
21,384円/1年 47,800円/1年
COMODO
PositiveSSL
1,200円/1年 11,000円/1年
ベリサイン セキュア・サーバID
(シマンテックSSL)
53,000円/1年 398,000円/1年

(参考:SSLストア

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です