「MISFIT RAY」スマートブレスレットを買ってみた!(レビュー)

そろそろ上着が一枚、二枚と減っていき、体のラインが気になる時期です。

冬の間に貯めこんだ肉をなんとかしなければヤバイ!と思い、こんなものを買ってみました。


MISFIT RAY

いわゆる活動量計ってやつです。

スマートウォッチだと、既存の腕時計と代えるのがイヤだったので、こちらの製品にしました。
早速Amazonで注文。

開封~装着

MISFIT RAY 外箱

届きました。

MISFIT RAY 開封時

開けると、MISFIT 本体、電池、説明書が入ってます。

MISFIT ボタンの装着説明

説明書を取ると、後ろにボタンの取り付け説明が載っていたので、説明書読む前にまず動かしてみましょうか。
…多分、もう二度と説明書は読まない気がします(笑)

MISFIT を 腕時計と一緒につけてみた

ででーん。
とりあえず腕に付けてみました!!

思ったより円柱形の部分が少し大きかったかな。
自分の腕が細いのもあるけど(^^;
でもまぁ概ねイメージ通り!悪くない。

専用アプリのインストール~初期設定

MISFITは単体だとLEDがたまに光るだけのただの筒なので、活動量計にするため、スマホに専用アプリを入れます。

MISFIT アプリのダウンロード(iOS)

App Storeで「misfit」で検索すれば出てきたので、インストール。

MISFIT アプリ 初期設定01

アプリを起動したら新規登録かログインを求められるので、今回は「新規登録」で進めます。

MISFIT アプリ 初期設定02

メールアドレスか、Facebook、LINE、Googleの各種SNSアカウントで登録できます。

MISFIT アプリ 初期設定03

性別や身体情報を入力します。

MISFIT アプリ 初期設定04

身体情報を入力すると、一日の消費量を食べ物に例えられます。
面白い。

MISFIT アプリ 初期設定05

次は睡眠時間です。
そろそろ入力に疲れてきたよ。まだかなー?

MISFIT アプリ 初期設定06

一日のゴールを決めます。
ちょっと頑張るか、頑張るか、めっちゃ頑張るか、みたいな選択肢です。

MISFIT アプリ 初期設定07

さいごにペアリングするデバイスを選択します。

MISFIT アプリ 初期設定08

デバイスを選択すると自動で検出されるので、タップします。

MISFIT アプリ 初期設定09

あとは機能説明を見ながら、設定が終わるのを待ちます。
ふむふむ、MISFIT RAY には、活動量計測の他に以下の機能があるみたいですね。

・目覚まし機能
・運動促進機能
・着信通知機能

MISFIT アプリ 初期設定10

設定終わり~!
さぁ使ってみるぞ!!

MISFIT アプリを使う

さて色々と触ってみよう。

MISFITアプリを使う01

はじめて使う機能は説明が表示されるようで、とっても親切。

MISFITアプリを使う02

iOSの場合、ヘルスケアと同期することができます。

MISFITアプリを使う03

設定では、装着位置やアラーム、通知設定などが行えます。

MISFITアプリを使う04

メニュー真ん中の「+」をタップすると、運動や食事など各種記録が行えます。

ここで感動したのが「脈拍測定」機能!

MISFIT RAYには心拍計がついてないけど、アプリで脈拍を記録することができます。

MISFITアプリで脈拍測定01

脈拍測定のアイコンをタップします。

MISFITアプリで脈拍測定02

測定するのは起きてすぐか、寝る前など、リラックスしてる時がいいそうです。

MISFITアプリで脈拍測定03

測り方はこんな風に、スマホのカメラに指を押し当てます。
へぇ~!

MISFITアプリで脈拍測定04

ドックン、ドックン、…
赤い画面は、私の血の色です(笑)

MISFITアプリで脈拍測定05

じゃーん!
数秒で測定が終わります。
測定方法の発想が面白い!いろいろ考えるな~

まとめ

MISFIT RAY は完全防水でつけたままお風呂にも入れるそうなので、しばらく付けたまま過ごしてみます。

常に付けるのでニオイを気にしてましたが、MISFITはベルトが替えられるので安心!!

これで春、夏に向けての肉体改造はバッチリだ~!

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です