phpMyAdminでインポートできない!大きなサイズのデータをMySQLデータベースにインポートする方法

phpMyAdmin ファイルサイズオーバーエラーメッセージ

ローカルにテスト用サーバーを構築する際、既存サイトのデータをエクスポートし、phpMyAdmin でインポートしようとしたら、以下のエラーが出力された。

アップロードしようとしたファイルが大きすぎるようです。この制限に関する対策については ドキュメント をご覧ください。

…なるほど、確かに phpMyAdmin のインポート画面に表示されているサイズを超えている。

phpMyAdmin の転送サイズ

さて、どうしたものかとグーグル先生に相談。

設定ファイルを触って転送サイズを上げるなど、色々試した結果、BigDumpというツールを使うのが一番簡単という結論に落ち着いた。

BigDump とは

BigDump とは、phpMyAdmin で読み込めない大きなサイズのデータをデータベースにインポートするツール。

以下のページよりダウンロードできる。

BigDump: Staggered MySQL Dump Importer
http://www.ozerov.de/bigdump/

BigDump の使い方

zipファイルを解凍すると、bigdump.phpというファイルが1個入っている。

まずは、サーバー情報に合わせて、phpファイルを編集する。

// Database configuration

$db_server   = 'localhost';
$db_name     = '';
$db_username = '';
$db_password = '';

上から、サーバー名、データベース名、ユーザー名、パスワードの順で設定する。

保存したら、インポートしたいsqlファイルとともに、サーバーへアップロードする。
(この時、sqlファイルとbigdump.phpは同じ階層に置いておくと、後々便利)

後は、アップロードしたアドレスをブラウザに打ち込むと、BigDump の操作画面が表示される。

BigDump操作画面

sqlファイルを同階層に置いておくと、最初からインポートファイルが表示された状態となる。

Start Importをクリックすると、インポートが開始される。

BigDumpでも読み込めない!?エラーが出た場合

データによっては、以下のようなエラーが出る場合がある。

BigDumpエラー画面

この場合、読み込めなかったテーブルだけのsqlファイルを作って、phpMyAdmin でインポートしたらいけた。

sqlファイルに手を入れるなら、そもそもBigDump使わなくていいじゃないかと言われそうだが、作業時間は削れるので、今のところこの方法が私の中で最善。

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。
ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。
ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です