ホームページに関わる仕事をするなら最初に読むべきサイト=ウェブマスター アカデミー

WEBMASTER ACADEMYイメージ

Googleが無料で公開している「ウェブマスター アカデミー」なるサイトがある。
2013年3月に日本語版が公開されていたが、正直、自分は知らなかった。
今日たまたまSearch Consoleの確認している時に見つけたので、今さらだけど受講してみた。

ウェブマスター アカデミーで学べること

ウェブマスター アカデミーで学べることをまとめると大体こんな感じ。

ホームページの作り方1:ドメイン
  • ドメインとは?
  • ドメインの決め方
ホームページの作り方2:サーバー(ホスティングプロバイダ)
  • サーバー(ホスティングプロバイダ)とは?
  • 信頼できるサーバーの見分け方
    ※チェックリスト有り(英語)
ホームページの作り方3:内容(コンテンツ)を考える
  • 誰に見せたいか?
  • 価値あるホームページにするには?
Google検索の仕組み
  • ホームページが検索に引っかかる仕組み
  • 検索に引っかかりやすくするには?
ホームページを作った後にすること
  • Search Consoleのアカウント作成
  • セキュリティ対策
  • コミュニティへの参加

所要時間

ウェブマスター アカデミーのサイトには3時間と書かれていたが、ゆっくり読んでも2時間くらいだと思う。

受講してみた感想

記事タイトルにも書いたけど「ホームページに関わる仕事するなら最初に読むべきサイト」の一言につきる。

これから何かしらホームページ業務に携わる人で、まだ見ていない人は絶対見ることをお勧めする。
ていうか既に仕事してる人でも、見ていないなら見といたほうが良い。

下手に入門書を買って読むより、ずっと有意義だった。

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です