【Windows】コマンドプロンプトでネットワークの共有フォルダにアクセスする

Windowsコマンドプロンプトでネットワーク共有フォルダにアクセスする

あまりやる機会がないからか、いっつも忘れるのでメモ。

コマンドプロンプトでネットワークの共有フォルダへ移動しようとすると…

例として、「\\192.168.1.123\Share」にコマンドプロンプトからアクセスしたいとする。

そのままcdコマンドを打つと、冒頭イメージにあるように、以下のメッセージが出る。

CMD では UNC パスは現在のディレクトリとしてサポートされません。

なので、まずは以下のコマンドでネットワークドライブを割り当てる。

> net use n: \\192.168.1.123\Share

「n:」の部分が、ネットワークドライブのドライブ文字になるので、空いているドライブ文字を指定する。

「コマンドは正常に終了しました。」と表示されたらネットワークドライブの割り当ては成功。
次に以下のコマンドでネットワークドライブへ移動する。

> cd /d n:

「/d」オプションは、ドライブを移動する、を意味する。

上記コマンドで割り当てたネットワークドライブに移動することで、コマンドプロンプトからネットワークの共有フォルダにアクセスすることができる。

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください