HTMLコーディングを始める前に

WEBコーディング

プログラマから軽く見られがちなHTMLコーディング
実はとっても大変な仕事で、スキルもプログラマ以上に必要となる。

プログラマは特にHTMLコーダーや、HTMLコーディング作業を軽く見る傾向があるが、実際やらせてみると全然できないことが多い。

正直、HTMLコーディングは、単一言語、単一プラットフォームでの開発が多いプログラム作業より、よっぽど高度で大変な作業だと思う。

これからHTMLコーディング作業に臨むプログラマがこの記事を見たら、HTMLコーディング作業を舐めずに取り掛かってほしい。

HTMLコーディングを始める前に

求められるスキル

  • HTML 正しいマークアップスキル
  • CSS 表現の引き出しの多さ、デベロッパーツールで確認が出来る、各ブラウザ対応ができる、各デバイス対応ができる
  • JavaScript 言語の理解、引き出しの多さ、デベロッパーツールでデバッグができる
  • HTTPやセッション、Cookieなどを正しく理解し実装することができる
  • セッション、Cookieの状態をデベロッパーツールで確認できる
  • JSP、ASPなどを理解し、MVCモデルに対応したコーディングができる
  • サーバーサイドの知識があり、動的な処理を考えてコーディングができる
  • サーバーサイドの知識があり、アップロードはもちろん、サイト構築も行える
  • トライ&エラー作業に苦痛を感じず、かつスピーディーに行える
  • 実装アイデアが豊富に思いつく

World Wide Web Consortium(W3C)
https://www.w3.org/

求められる品質

  • デザインイメージと配色やレイアウトを100%以上の精度で実現している
     (100%以上という表現は、デザインイメージより良くなる分にはOKとの意味合い)
  • デベロッパーツールでエラーが出ていない
  • SEOも考慮したうえで正しくマークアップされている
  • 更新しやすいよう適切なコメントが入っている
  • 効率よく無駄のないCSS
  • どのブラウザ、デバイスで見ても崩れない

初めてHTMLコーディングする人に一読してもらおうと、ちょっと偉そうな事を書いてみた。
他に付け足したいことが出来たら、更新しようと思います。

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください