【Illustrator】イラレで曲線がガビガビになったら

イラレで曲線がガビガビ

イラレ(Illustrator)で曲線部分がガビガビでギザギザになって表示された場合の原因と対策。

謎のガビガビ・ギザギザ表示

直線は大丈夫なのに曲線はガビガビ

上図のように、直線はキレイに表示されるが、曲線部分はガビガビに表示される。

アウトラインで見るとキレイ

アウトラインで見ると、ちゃんと曲線になっている…。
ん?なんで?

で、色々ガチャガチャと触っていると、ここ変えたら直るってのを見つけた。

ガビガビ表示の原因

Illustratorのプレビューモード

どうやら原因はプレビューモードにあったらしい。

プレビューモードを「GPUでプレビュー」から「CPUでプレビュー」に変更すると、

プレビューモードの変更

ガビガビ表示が直った!

ガビガビ表示が直った!

プレビューモードとは?

そもそも、「プレビューモード」って何なの?

ってことで、調べてみた。

メニューを見てみると、「CPU」と「GPU」で切り替えれる。

CPUは言わずもがな、パソコンのメイン処理装置のこと。

そしてGPUは、グラフィックスプロセッシングユニットの略で、画像処理に特化した処理装置。

PCにGPUが積まれている場合、Illustratorでは、プレビューモードの選択が出来る。

画像処理に特化した装置を使うので、拡大率が大幅に上がったり(6,400%→64,000%)、描画が高速になる。

でも待てよ?
キレイに表示されるならまだしも、なぜガビガビになる?

そこんとこ、もうちょっと深堀したいけど、調べる時間がないので、詳しい人いたら教えてくださいm(_ _)m

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。
ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。
ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です