FFFTP-backup.iniからサーバ情報を復元する方法

Windows用FTPツールで有名な「FFFTP」。

バージョン1.97b以前の設定バックアップファイルである「FFFTP-backup.ini」を、バージョン1.98以降のFFFTPで復元しようとすると正常に読み込めないことがある。
そういった場合の対処法。

パスワードを覚えている場合

パスワードを覚えている場合は、iniファイルをテキストエディタで開けばいい。

[FFFTP\Options\Host0]
Set=1
HostName=ABCABCABC
HostAdrs=ftp.XXX.XXX.XXX
UserName=XXXXXX
LocalDir=
Password=XXXXXX
Sort=\FF\FF\FF\FF
Bmarks=

上記のように「Host」設定データに、ホスト情報が記載されている。

パスワードだけは暗号化されているので、パスワードを覚えている場合は、これで復元できる。

パスワードを覚えていない場合

パスワードを覚えていない場合、まずはバージョン1.97b以前のFFFTPを入手する。

時点では、本家サイトに行けば入手可能。

Sota’s Web Page (FFFTP)
http://www2.biglobe.ne.jp/sota/ffftp.html

1.97b以前のFFFTPなら、設定の復元をiniファイルから行うことができる。

ただし、パスワード部分は「●●●●」のように見えないようになっているので、以下のようなソフトで調べる。

PasswordEye (Vector)
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se314652.html?ds

これでパスワードを含むサーバ情報を復元することができる。

過去の設定バックアップファイルしかなくパソコンを新しくしてしまった時や、客先から送られてきたサーバ情報が古いバージョンで作成されていたりなど、地味に使うケースがあるかも。

そもそも設定ファイルから復元すると、既存の設定も書き換わるので、一部だけ知りたいときとかは、こっちの方が便利だったりする。

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です