MDFファイル(ローカルDB)を使ったアプリケーションを真っ新な環境で動かす方法

MDFファイルを使ったアプリケーションのファイル構成例

MDFファイル(ローカルDB)を使ったアプリケーションをVisual Studioで作成し、使用するパソコンで動作させる時、SQL Serverやら何やらインストールしとかないと動かないので、その一部始終。

真っ新な環境で動かしてみると

以下のファイルで構成されるアプリケーションを、真っ新な環境に置いてみた。

・Application.exe
・Application.exe.config
・Database.mdf
・Database_log.ldf

exeファイルを起動してみると、

MDFファイルを使ったアプリケーションの例外エラー

どーん!
例外エラーが発生。

SQL Server への接続を確立しているときにネットワーク関連またはインスタンス固有のエラーが発生しました。サーバーが見つからないかアクセスできません。インスタンス名が正しいこと、およびSQL Serverがリモート接続を許可するように構成されていることを確認してください。(provider: SQL Network Interfaces, error: 52 – Local Database Runtime のインストールが見つかりません。SQL Server Express が正しくインストールされていること、および Local Database Runtime 機能が有効になっていることを確認してください。)

真っ新な環境のため、SQL Serverはインストールしていない。
これは怒られて当然なので、アプリケーションが動作できるように環境を構築してみる。

SQL Server Express のインストール

まず、以下のリンクより、SQL Server のインストーラをダウンロードする。

SQL Server ダウンロード | Microsoft
https://www.microsoft.com/ja-jp/sql-server/sql-server-downloads

SQL Server Express エディションのダウンロード

Express エディションをダウンロード。

SQL Server Express インストーラアイコン

ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストーラを起動する。

SQL Server Express のインストール(カスタムを選択)

インストールの種類には「カスタム」を選択。

SQL Server Express のインストール(メディア保存場所の選択→インストール)

インストールメディアの保存場所を選択し、「インストール」をクリック。
インストールメディアのダウンロードが始まる。

ダウンロードが終わったら、SQL Server インストール センター画面が表示されるが、今回はローカルDBだけ動作すればいいので「×」を押して閉じる。

SQL Server インストールセンター画面

ローカルDB(LocalDB) のインストール

MDFファイルへの読み書きだけ行いたい場合は、ローカルDB(LocalDB)を単体インストールする。

上記で取得したインストールメディアの以下の場所に、ローカルDBのインストーラが存在する。

./ExpressAdv/1041_JPN_LP/x64/Setup/x64/SQLLOCALDB.MSI

このMSIファイルをダブルクリックすれば、LocalDB がインストールできる。
※SQL Server 2016 LocalDBは64bit環境のみ動作

LocalDBインストール画面

LocalDBのインストールが終われば、MDFファイルを使ったアプリケーションが動作するようになる。

ちなみに、SQL Server インストール センターから、新規スタンドアロン インストールする場合は、機能の選択時に「Local DB」にチェックを入れればOK。

SQL Server インストールセンターからLocalDBを選択

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。
ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。
ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です