退職してから最初の一歩 役所へ行く

退職するとやることが色々あるので、実体験ベースにメモ。

まず最初に行く『役所』(市役所、区役所等)

退職する日が決まったら、まず最初に行く。
私が最初に行ったのは退職2週間前だったと思う。

何をしに行ったかと言うと「国民健康保険」に切り替えた場合の保険料の確認。

退職後、すぐに再就職する場合は別にいいと思うが、再就職の予定がない場合、
健康保険について「任意継続」「国民健康保険への切り替え」の2択を迫られる。

どちらを選択するかは保険料の安さである。

任意継続の場合は、単純に給与明細に書かれている健康保険料×2の額。
その額が2年間固定で発生する。

国民健康保険の場合、保険料は前年所得によって決まるため、役所に前年の源泉徴収票持って確認してもらえば、すぐに分かる。
さらに、失業状態であれば減額・減免申請が可能で、自己都合退職でも自治体によって3~7割くらい軽減してもらえるため、どれくらい減額されるかも一緒に確認しておく。

まとめ

再就職、または独立開業するまで期間がある場合は、任意継続/国民健康保険への切り替えの選択を、2年スパンで、国保の減額・減免も考慮した上で決定すること!

ちなみに私の場合

月の保険料で言えば、任意継続の方が7,000円ほど安かったが、翌年の所得見込も考慮した結果、国民健康保険へ切り替えることを選択した。
失業中の保険料は、減額申請した結果1/3ほどで済んだ。

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です