SnoreToastとかいう謎のアプリ

SnoreToast in Windows

ふとスタートメニューを見ていたら、「SnoreToast」とかいう見慣れないアプリを発見した。

何コレ?
知らないアプリが急に入ってるとウィルスかな?って不安になるので調べてみた。

SnoreToastとは?

調べてみると日本語の説明ページが全然ない…。

Google翻訳に頼りながら海外サイトの説明を見ると、

どうやら通知を出すアプリだそう。
GitHubにソースも上がっていた。

GitHub – KDE/snoretoast: A command line application capable of creating Windows Toast notifications.
https://github.com/KDE/snoretoast

ちなみに起動引数にメッセージとか入れたら通知される仕組み。

> SnoreToast.exe -p icon.png -t Output48 -m "Test Message" -s Notification.Default

このコマンドで、

SnoreToastの実行結果

こんな通知がされる。

悪さをするアプリじゃなさそうなので、とりあえずそのままにしておく。

どのタイミングで入った?

SnoreToast.exeは、Laravel仮想環境のnode_modules/node-notifier/vendor/snoreToastにあったので、node.jsのパッケージ触ってるときに入ったっぽい。

通知するパッケージ・アプリによって、スタートメニューのショートカットを利用するらしく、とりあえず残しておいた方が無難っぽい。

引数なしで動作しないコンソールアプリがスタートメニューにいるって、すごく気持ち悪いけど…。

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください