ComposerにGitHubで取得したアクセストークンを適用させる

Composerでエラーが発生した時に、GitHubのアクセストークンを新規取得して適用させたので、その一部始終。

GitHubでアクセストークンを取得する

状況の解決のため、GitHubサイトにてアクセストークンを取得してみる。

まずは、以下のアドレスにアクセス。
https://github.com/settings/tokens

GitHubのアクセストークン新規取得

Generate new token」をクリック。

GitHubのアクセストークン新規取得02

Description」を入力し、「repo」「gist」「user」にチェックを入れて、「Generate token」をクリック。

GitHubのアクセストークン新規取得03

ページ遷移後、アクセストークンが表示され、コピーするように促される。
「二度と見ることが出来ません」とまで言われるので、一応どこかにメモしておく。

アクセストークンの適用

Composerにアクセストークンを適用させるには、以下のコマンド。

composer config --global github-oauth.github.com [アクセストークン]

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください