【WordPress】Gutenbergエディターを使ってみた。

Gutenbergお試し告知文(WordPressダッシュボード)

WordPressダッシュボードに、こんなお知らせが。

次のリリースからGutenberg(グーテンベルク)という新エディターに変更になるので、試しに使ってみてくれということらしい。

デフォルトエディターになるのならと、早速使ってみたので、そのレビュー。

Gutenbergプラグインを有効化

まず、Gutenbergプラグインをインストールし有効化。
すると、デモンストレーションを兼ねて新規投稿画面が表示される。

Gutenbergデモンストレーション画面

ヒントを見てみる

ハンバーガーをクリックすると、「ヒントを表示」というのがあったので、とりあえず押してみた。

ヒント1. ブロックの追加

Gutenbergヒント1. ブロックの追加

Gutenbergでは、ブロックという単位でページを構成するらしい。

エディタ上部、左端にある「+」ボタンか、ビジュアルモードなら、エディタの左端にマウスを持っていくと表示される「+」ボタンをクリックすると、挿入するブロックの選択画面が表示される。

ヒント2. サイドバー

Gutenbergヒント2. サイドバー

サイドバーで、各ブロックの詳細設定が可能?
歯車ボタンでサイドバーの表示/非表示が切り替えられる。

従来のサイドバーになかったタブボタンが追加されており、文書1個のブロックとなっている。

文書タブは、従来のサイドバーとほぼ同じ内容。
ブロックタブは、選択ブロックの情報が表示されるが、何も選択していなくても「1個の」と表示される

ヒント3. プレビュー

Gutenbergヒント3. プレビュー

従来と同じ?

ブロックがいい感じか、確認できます。」とのことなので、いい感じになっているかも。知らんけど。

ヒント4. 公開する

Gutenbergヒント4. 公開する

完全な過剰ヒント。
既存ユーザーに対しては不要かと。

ハンバーガーメニュー

Gutenbergハンバーガーメニュー

ハンバーガーメニューはこんな感じ。

エディターモード「ビジュアル」と「コード」の切り替えは従来もあったので割愛。

設定にある「ツールバーを先頭に固定」は、どの部分かなかなか分からなかったが、

Gutenbergツールバーがブロック上に表示

ブロック上に表示されるか、

Gutenbergツールバーがツールバー上に表示

上部ツールバーに表示されるかを切り替えるということらしい。

最後の「すべてのコンテンツをコピー」は、投稿記事のコードをクリップボードにコピーしてくれる。

実際に使ってみて

情報をブロックとして作成し、配置などブロック単位で動かせるインターフェースは慣れると使いやすいと思った。

ただ、試用版だからなのか、コードエディターはブロック化にほとんど対応しておらず、単体では使い物にならなくなってしまっている。

自分はテキストエディターで記述するので、そういったユーザーは無視された作りになっている感じだ。

「WP Editor」などのテキストエディタプラグインのDL数が増える予感しかしない。

頻繁に出るエラー

これは試用版だから仕方ないと思うが、ちょいちょいエラーが出る。

Gutenbergエラー

まじで頻繁に出るので、真面目にバグを探す人以外は、使わないと思う。

従来のエディターに戻す方法

試用版はGutenbergプラグインを有効化しているだけなので、無効にすれば元に戻せる。

Gutenbergプラグインの無効化

正式リリースになったとしても、クラシック版として従来のエディターもプラグイン提供されるそうなので、慣れない人はそちらを使えば問題なし。

投稿者: Output48

中学生の時に初めてHTMLに触れてからホームページ制作を独学で始める。 ベンチャー企業の営業、大手企業のSEを経て、独立。 ここ数年はWEB以外の仕事をしていたため、割と本気で勉強中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください